instagram

インスタグラム

ホームページ

ホームページはこちら

無料ブログはココログ

最明寺 大師堂

  • Img_1503
    平成22年完成

棟上げ

  • Dscn1439
    5月15日天気が心配でしたが、雨も降らず無事棟上げを終えました。

ラジオカー取材

  • Dscn1374
    元気印の本多春奈さんのおかげで、カチコチになることもなく取材を受けることができました。(やはりプロはすごいですね) 番組の人気は相当で、途中ご近所の皆さんが生放送を聞いていて、大勢いらっしゃいました。 こうして取り上げてもらうことで、少しでも多くの方々に知っていただけるのは嬉しい限りです。

五重塔真柱据え付け

  • Dscn1353_480x640
    真柱は、五重塔の中心であり、揺れの軽減の役割も果たし、その下には仏舎利が収められる重要な意味を持つ柱です。 懸垂方式で設置します。

五重塔足場かさ上げ

  • Dscn1350_640x480
    四層目の製作に入り、真柱を入れる前に足場とカバーをもっと高く組み直す必要があります。家族総出で作業にあたります。

五重の塔(縮尺五分の一) 四国新聞社取材

  • Dscn1330_480x640
    2017/2/24 棟梁制作中の縮尺五分の一の五重の塔を四国新聞社さんが取材に来られました。

切り組み

  • Dscn1327_640x480_2
    次の切り組み始めました。 今回は市街地周辺の住宅密集地、建坪34坪の材料です。

五重の塔

  • Vcm_s_kf_repr_624x832_3
    棟梁が構想37年、五重の塔の建築に入りました 塔身45メートルの縮尺5分の1  外観の様式は鎌倉時代の純和風  構造建築は強固な楼閣工法を取り入れて理想的な五重の塔を目指します

猫ちぐら

  • Dscn1114_640x480
    10年以上前から気になっていた猫ちぐら。 作れると知って、作ってみました。

ちぐら2

  • Dscn1129_640x480
    猫ちぐら3個目です。

bed

  • Dscn0879_480x640
    ベッドです

大工一筋


  • 本当にいい家,信頼できる工務店,香川の木造建築, 香川で家を建てるなら,

五重塔完成間近

久しぶりの更新です。棟梁が手掛けていた五重塔がほぼ完成しました。

Img__20220208145002Img_4136 

引き合いがあれば納入後現地にて瓦を葺きます。Img_ Img__20220208145001 Img_4142

相輪は仮組です

 

着想 S54年 図面作成

着工 平成22年

全長 8メートル

直径5センチの枡だけで5千個以上 小さな部品から造り始めて、先日写真撮影の為、足場の一部とシートを除きました。

大工の技術と規矩術の集大成として、五重の塔を建築しようと思い立って40年 ついに完成しました。

あとは、この五重の塔があるべき場所に納まることができればと思っております。

興味のある寺院関係各所からのご連絡をお待ちしております。

2019年7月23日 (火)

神社の仮組

先日から神社の地組 始めました。

Img_20190702_103319
 
Img_20190702_183325

Img_20190705_150456

Img_20190723_090525_1

Img_20190723_090700


詳しい画像は左サイドバーのアルバムに掲載します。

2019年3月 9日 (土)

現在進行中の彫刻

自宅工場で、切組と彫刻制作中です。
Img_20190301_115241_1
 
 
 
Img_20190226_180538
 
 
笈形(おいがた)彫りあがりました。
 
Img_20190301_115358_1_2
 
 
噛み付き獅子と組み合わせた状態です。笈形は雲と波の図柄になります。
 
Img_20190226_18051 
 
倉庫では構造材の切組をしています。
 
Img_20190301_115114

2018年11月14日 (水)

銅板鬼

次に手掛ける神社の本殿銅板鬼の下地です。

Photo


2018年10月11日 (木)

山門完成

手がけていたお寺の山門が完成しました。

Img_20181006_135807_2


Img_20181006_135825_2


Img_20181006_135856_2


Img_20181006_135918_2


Img_20181006_153447_2


Img_20181006_153615_2


Img_20181006_153637_2


Img_20181006_153706


Img_20181006_153713

2018年9月21日 (金)

作業場での現在

今現在の作業状況です。
倉庫兼作業場にて製作中のものです。

1_2


次に建設する神社の現寸図製作現場です。
Photo_4


別のお寺の向拝大梁裏の彫刻、水の構図で彫っています。
まだ、製作途中です。

Photo_5

Photo_6

鐘楼完成

鐘楼完成しました。

1

Photo

Photo_2

Photo_3

2018年5月23日 (水)

専光寺鐘楼改築

長らく更新していませんでしたが、社寺の工事に取り掛かりましたので掲載いたします。  
専光寺鐘楼改築工事の現場です。
Img_3531
この鐘楼を改築していきます
Img_3535
解体前鐘降ろし
Img_3539
四方転びの柱立
Img_3548


Img_3547
面戸決まりの丸桁
Img_3552
斗組一手先(出組)
Img_3553
格天井見上げ写真
Dscn1577
鐘釣り前の準備
Dscn1582
鐘を釣る器具(特注品)です
Dscn1584

無事作業終了
この後、上棟式が執り行われ、現在瓦工事待機中です。

2017年5月26日 (金)

栓の材料

牡丹が出ている良い樫です。
 
Img_3339_3
 
中心付近の模様が牡丹のように見えることからそういわれます。
 
Img_3341
 
社寺はもちろん、住宅の建築でも、躯体部分においては釘を使わず全て木組みを施し、栓でとめていきます。その際の栓にこの樫を使います。

2017年5月24日 (水)

5/15棟上げ

今回の現場での棟上げの様子です。
 
Dscn1435
 
 
市街地の作業の為、勝手が違い心配もありましたが、無事終えることができました。
アルバムにも写真掲載いたします。よろしければご覧ください。

«五重塔の見学会