instagram

インスタグラム

ホームページ

ホームページはこちら

無料ブログはココログ

最明寺 大師堂

  • Img_1503
    平成22年完成

棟上げ

  • Dscn1439
    5月15日天気が心配でしたが、雨も降らず無事棟上げを終えました。

ラジオカー取材

  • Dscn1374
    元気印の本多春奈さんのおかげで、カチコチになることもなく取材を受けることができました。(やはりプロはすごいですね) 番組の人気は相当で、途中ご近所の皆さんが生放送を聞いていて、大勢いらっしゃいました。 こうして取り上げてもらうことで、少しでも多くの方々に知っていただけるのは嬉しい限りです。

五重塔真柱据え付け

  • Dscn1353_480x640
    真柱は、五重塔の中心であり、揺れの軽減の役割も果たし、その下には仏舎利が収められる重要な意味を持つ柱です。 懸垂方式で設置します。

五重塔足場かさ上げ

  • Dscn1350_640x480
    四層目の製作に入り、真柱を入れる前に足場とカバーをもっと高く組み直す必要があります。家族総出で作業にあたります。

五重の塔(縮尺五分の一) 四国新聞社取材

  • Dscn1330_480x640
    2017/2/24 棟梁制作中の縮尺五分の一の五重の塔を四国新聞社さんが取材に来られました。

切り組み

  • Dscn1327_640x480_2
    次の切り組み始めました。 今回は市街地周辺の住宅密集地、建坪34坪の材料です。

五重の塔

  • Vcm_s_kf_repr_624x832_3
    棟梁が構想37年、五重の塔の建築に入りました 塔身45メートルの縮尺5分の1  外観の様式は鎌倉時代の純和風  構造建築は強固な楼閣工法を取り入れて理想的な五重の塔を目指します

猫ちぐら

  • Dscn1114_640x480
    10年以上前から気になっていた猫ちぐら。 作れると知って、作ってみました。

ちぐら2

  • Dscn1129_640x480
    猫ちぐら3個目です。

bed

  • Dscn0879_480x640
    ベッドです

大工一筋


  • 本当にいい家,信頼できる工務店,香川の木造建築, 香川で家を建てるなら,

« 栓の材料 | トップページ | 鐘楼完成 »

2018年5月23日 (水)

専光寺鐘楼改築

長らく更新していませんでしたが、社寺の工事に取り掛かりましたので掲載いたします。  
専光寺鐘楼改築工事の現場です。
Img_3531
この鐘楼を改築していきます
Img_3535
解体前鐘降ろし
Img_3539
四方転びの柱立
Img_3548


Img_3547
面戸決まりの丸桁
Img_3552
斗組一手先(出組)
Img_3553
格天井見上げ写真
Dscn1577
鐘釣り前の準備
Dscn1582
鐘を釣る器具(特注品)です
Dscn1584

無事作業終了
この後、上棟式が執り行われ、現在瓦工事待機中です。

« 栓の材料 | トップページ | 鐘楼完成 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専光寺鐘楼改築:

« 栓の材料 | トップページ | 鐘楼完成 »